残業代請求をしたいのならまずは法律事務所に相談・依頼してみよう

資料の山

残業代請求しても退職せずに会社に残れる?

記入しているサラリーマン

結論から申し上げますと、残業代請求してそのまま会社に残ることは可能です。
そもそも未払いの残業代請求に関しては法律的に認められている正当な行為です。法律的に言えば支払うべき残業代を未払いにしている会社側に非があります。残業代請求は本来支払われるべき残業代を求めているに過ぎず、法律的な罰則を受けるべきは請求した労働者ではなく未払いにしていた会社側です。
法律的にも道義的にも正当性は残業代請求する労働者側にあります。とはいえ実際問題として残業代を請求して会社に残るのは簡単ではありません。残業代未払いが常態化しているいわゆるブラック企業内では残業代請求した社員を裏切り者のように扱うことが多く、無言の圧力で居づらくなり退職に追い込まれるケースが跡を絶ちません。
そんな嫌がらせまがいの行為で仕事を失いたくないのであれば残業代請求と平行して会社に残れるように準備を進めましょう。例えば個人的に残業代請求を認めさせるだけでなく全ての未払い残業代を会社側に支払わせれば残業代をもらえず苦しんでいた社員たちの支持を取り付けられます。個人で戦うのではなくなるべく話を大きくし周囲を巻き込むことが自分の身を守ることにつながります。労働基準監督署や法律事務所に相談しながら会社に残ることを前提に話を進めてください。